News

「第4回市原湖畔美術館子ども絵画展――君が見つけた いちはら 」のお知らせ

千葉県市原市の市原湖畔美術館で開催される、子ども絵画展の会場構成を原倫太郎+原游で担当しています。会期中は ワークショップも行います。

  • 「第4回市原湖畔美術館子ども絵画展――君が見つけた いちはら」
  • 会期:2017/1/21(土)-2/26(日)
  • 時間:10:00-17:00
  • 会場:市原湖畔美術館

原游 絵画展「小さきものは飛んでいく 」のお知らせ

原游が絵画の個展を渋谷東急本店8階美術画廊で開催いたします。

原倫太郎「上昇と下降 Ascending and Descending」のお知らせ

原倫太郎が5年ぶりとなる個展をAyumi Gallery Caveで開催いたします。

  • 「上昇と下降 Ascending and Descending」
  • 会期:2016/11/19(土)-12/18(日)(休:木曜日)
  • 時間:11:00-19:00
  • 会場:Ayumi Gallery Cave(神楽坂)
  • レセプション:11/19(土) 18:00-

展覧会に寄せて
展覧会タイトルである「上昇と下降 Ascending and Descending」はMCエッシャーの版画作品から拝借したものである。その作品には、無限回廊の階段を昇る人たちと下る人たちが、永遠に歩き続けている姿が描かれている。そこには始まりも終わりもなく、また、上がっているのか下っているのか分からない。
展示作品のひとつ「上昇と下降  音と色彩」は、中空に張り巡らされた並行したテグス(線)の上を発泡スチロールボール(点)がゆったりとした速度で進んで行く。見る角度によってはボールが宙に浮遊しているように見えたり、重力に逆らって上昇したりしているような錯覚を引き起こす。そしてボールの移動がアナログ・シンセサイザーのような低音のノイズが発生させ、音程が無段階変化する。
もう一つのインスタレーション「ドリップマシーン ver.2」はカラフルな金属のチェーンがゆっくりとした速度で上昇と下降を繰り返すことで、線が少しずつ塊になり、そして線に戻る。砂時計の落ちる砂や、かき氷の氷がシャキシャキと器に溜まっていく様な運動であり、時間の非可逆性もコミカルに提示する。
2つの作品とも、点、線、重力、時間などの日常に馴染みのあるキーワードが現出してくるが、運動自体は無意味であり、生産性もなく、只々ループしていくだけである。しかし、イタリアのブルーノ・ムナーリの「役に立たない機械」や「ムナーリの機械」に代表されるように、役に立たない運動に私は日常の中の美を見出そうとしたり、しなかったりする。それは無限回廊の階段をひたすら歩く人々ように。

「するがのくにの芸術祭 富士の山ビエンナーレ2016」のお知らせ(原倫太郎)

原倫太郎が「するがのくにの芸術祭 富士の山ビエンナーレ2016」に参加します。静岡県富士市、静岡市、富士宮市の3市をまたいだ市内各所での開催です。展示作品はインスタレーション「上昇と下降」(小休本陣常盤邸)と、子どもたちとのワークショップ作品「ファンタスマゴリア」(旧五十嵐亭)です。

IAWシリーズ第1回 原游「山水SAN-SUI」のお知らせ

市原湖畔美術館の大きな窓のあるホールで、今、注目すべきアーティストの個展を開催するシリーズが始まります。第一回目のアーティストとして原游が選出されました。

  • 「山水SAN-SUI」
  • 会期:2016/9/16-9/28
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
  • 時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 会場:市原湖畔美術館 多目的ホール
  • レセプション、アーティスト・トーク:9/16 16:00~17:30
  • ワークショップ:「耳つき絵画」14:00~15:30※詳細は こちら からご覧ください。

「鉄道美術館展 The Railway Art Museum」参加のお知らせ(原倫太郎)

川崎市岡本太郎美術館(神奈川県)で開催される「鉄道美術館展 The Railway Art Museum」に参加します。

「体験型現代美術スペースアート展」参加のお知らせ(原倫太郎+原游)

浜田市世界こども美術館(島根県)で開催される「体験型現代美術スペースアート展」に参加します。

「アートフェア東京2016」参加のお知らせ(原游)

原游が、NODA CONTEMPORARYのブースから「アートフェア東京2016」に参加します。

  • アートフェア東京2016
  • 会期:2016/5/12-5/14
  • 時間:5/12(14:00~21:00)、5/13(12:00~21:00)、5/14(10:30~17:00)
  • 会場:東京国際フォーラムホールE

電子書籍版『背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2』発売のお知らせ(原倫太郎+原游)

2008年に発売された『背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2』の電子書籍版がマガジンハウスより発売されました。Amazon等で購入することができます。

  • 『背面ストライプの浦島太郎 日本昔話Remix2』
  • 文:原倫太郎
  • 絵:原游
  • 翻訳:翻訳ソフト
  • 金額:800円
  • 出版社:マガジンハウス

「水彩画レッスン展2015」参加のお知らせ(原游)

原游が、講師をしている水彩画レッスン教室開催の「水彩画レッスン展2015」に参加します。

  • 水彩画レッスン展2015
  • 会期:2016/3/4-3/9
  • 時間:12:30-18:00(最終日は17:00まで)
  • 会場:早稲田スコットホールギャラリー

「文化庁メディア芸術祭青森展まぼろし村と、あなたとわたし」参加のお知らせ(原倫太郎+原游)

「文化庁メディア芸術祭青森展まぼろし村と、あなたとわたし」に『匂いをかがれるかぐや姫~日本昔話Remix~』を出品します。本とパネルの展示になります。

電子書籍版『匂いをかがれるかぐや姫~日本昔話Remix~』発売のお知らせ(原倫太郎+原游)

2006年に発売された『匂いをかがれるかぐや姫~日本昔話Remix~』の電子書籍版がマガジンハウスより発売されました。Amazon等で購入することができます。

  • 『匂いをかがれるかぐや姫~日本昔話Remix~』
  • 文:原倫太郎
  • 絵:原游
  • 金額:800円
  • 出版社:マガジンハウス

THE BELLINGHAM HERALDの取材記事(原倫太郎)

THE BELLINGHAM HERALDのwebsite内で「HOW SPACE TURNS (WIE RAUM WIRD)」に出品した展示作品の記事が掲載されています。動画コンテンツでの配信です。

「HOW SPACE TURNS (WIE RAUM WIRD)」参加のお知らせ(原倫太郎)

アメリカ、ワシントン州に位置するThe Western Gallery(Washington Western University内)で開催されるグループ展「HOW SPACE TURNS (WIE RAUM WIRD) 」に参加します。出品作品は"Uplift and Slope"です。

  • HOW SPACE TURNS (WIE RAUM WIRD)
  • 会期:2016/2/5-5/12
  • 時間:10:00-16:00(月-金)、10:00-20:00(水)、12:00-16:00(土)
  • 会場:the Western Gallery(Washington Western University内)
go to top